糖尿病食事療法のポイント

1.適正なエネルギー量の食事をとりましょう
エネルギー摂取量は、性別、年齢、肥満度、日常生活やスポーツによる身体活動量、血糖値、合併症の有無などを差があり、医師二相談してから決定します。一人ひとり適正エネルギー量は違いますので、医師の指示に摂取します。(通常成人男性では1400~1800キロカロリー、女性では1200~1600キロカロリー程度となります)
エネルギー摂取量算出の目安(成人期)=標準体重(*1)×身体活動量(*2)
標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
身体活動量の目安(体重1kgあたり)

軽労作   デスクワークが主な人・主婦など:25~30kcal
普通の労作 立ち仕事が多い職業:30~35kcal
重い労作  力仕事の多い職業:35kcal~

2.一日3回規則正しく食べましょう
血糖値を安定させるためには、食事の時間と量をできるだけ毎日一定にすることがとても大切です。一日2食にすると、一回当たりの食事量が増え、食後の急激な血糖の上昇につながったり、空腹の時間が長くなることによって栄養素の吸収が増し、体脂肪がつきやすくなったりします。「朝抜き、昼そば、夜大食い」という典型的な悪い食べ方に注意してください。

3 栄養のバランスが偏らないようにしましょう
指示された一定のエネルギー量の中で、身体に必要な栄養素を十分に満たすには、いろいろな食品を偏りなくとることが必要です。食品に含有する栄養素には、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル等があり、それらに過不足のないバランスのとれたメニューをたてるために、「糖尿病食事療法のための食品交換表)」 を利用する方法があります。