糖尿病治療薬の効果

糖尿病の治療の目的は血糖をコントロールし、合併症を起こさないようにすることが目的です。2型糖尿病のような生活習慣が糖尿病の原因の場合は、治療薬を始める前に医師が患者ごとに食事の摂取エネルギーを決め管理栄養士などから食事指導を受ける食事療法やウォーキングなどの有酸素運動を取り入れる運動療法を行います。しかし2〜3か月経っても改善されない場合は治療薬を使用していくことになります。

薬物療法には、大きくわけると経口糖尿病薬による治療法と血糖値を下げるホルモンであるインスリンを注射で直接補うインスリン療法があります。

血糖値を下げる飲み薬のことを『経口血糖降下薬』と呼びます。2型糖尿病で、食事療法や運動療法で十分な血糖コントロールができないときに用いられています。糖尿病ではインスリンの効果は絶大であるが、経口服用できないこと、肥満を起こしやすいことなどから経口抗糖尿病薬が多く用いられています。インスリン分泌促進薬、インスリン抵抗性改善薬、糖類吸収遅延薬に分類される。経口糖尿病薬では、服用しているお薬の投与量の調節や違うお薬への変更あるいは併用などの方法により、その人に合った最も適切な治療が可能になっています。

糖尿病患者で、通常の食事療法・運動療法・飲み薬による薬物療法だけでは、十分に血糖コントロールができない場合、インスリン療法を行います。インスリン療法では、インスリンを注射により体内に補うことで、ブドウ糖の代謝を促進し、血糖値を下げることができます。すい臓にインスリンを分泌する機能が残っている場合は、回復してくればインスリン療法をやめることもできますが、インスリンを全く分泌できない場合は、インスリン療法を継続して行う必要があります。また、インスリン療法では、注射後に作用が発現する時間やその作用が持続する時間の違いによって、さまざまな種類のインスリンが使われており、症状やその程度により選択されます。しかしながら、それぞれのお薬の作用によっては、副作用を起こす場合もあります。