糖尿病は増加傾向にあるポピュラーな病気

40歳以上の10人に1人は罹患しているといわれる糖尿病は、年々増加傾向にあります。糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を一定に保つことができなくなる病気です。

初期のうちは自覚症状がないことから、糖尿病だとは気づかず、治療も受けずに放置し、悪化させてしまうことが多いようです。病状が進行して、のどの渴きや倦怠感、頻尿といった症状が出てきても、それは他の要因によるものだと勘違いし、放置してしまったり、健康診断などで異常が見つかっても、さほど気にせず见過ごしてしまいがちです。

インスリンの分泌が血糖値を一定に保つ

では、糖尿病とはいったい、どのようにして引き起こされるのでしょうか。私たちは生きていくために必要な栄養素を食物から得ています。糖質は、胃や腸で分解されてブドウ糖になり、血液中に吸収されて体内のすみずみまで送られていきます。

このとき、エネルギーとして使われなかった余分なブドウ糖は、肝臓や筋肉中でグリコーゲンに変えられたり、中性脂肪として脂肪細胞の中で貯蔵されます。

その後、エネルギーが必要になったとき、これらのグリコーゲンや中性脂肪が分解され、再度ブドウ糖がつくられ、血液中に運ばれるのですが、糖尿病の人はこのシステムが上手く作動せず、血液中のブドウ糖が増えすぎてしまうというわけです。このようなシステムを上手く作動させるためには、インスリンというホルモン物質が大きくかかわっています。インスリンは、ブドウ糖をエネルギーや脂肪に変えたり、蓄えられている脂肪が分解されるのを抑える働きをするからです。

インスリンは膵臓から分泌され、血糖値を下げる働きがありますが、なんらかの要因によって、インスリンが膵臓から分泌されなかったり、血液中でその効果を発揮することができなかったりして 高血糖となるのです。